1. トップページ
  2. 卵好きが進めるNo.1の卵の食べ方

卵好きが進めるNo.1の卵の食べ方

【1週間平均量】15個

27歳

一番好きな食べ方はスクランブルエッグですバターでかなり半熟に仕上げるのがお気に入りです。また外で食べる時はエッグベネディクトが好物です。日本ではなかなか目にしませんが、海外にいった時は頻繁に食べます。それから、温泉卵(コンビニで売られているもの)をまるごとつるっと食べるのも好きです。

【1週間平均量】10個

33歳

私の卵の食べ方No.1は、卵かけご飯です。生卵をご飯にのせて、味の素と醤油をかけてしっかり混ぜて食べます。時間がない時や食欲がない時なども手軽に食べられるのが魅力なのと、シンプルですが、卵本来の味を濃厚に感じながら食べることができるのでNo.1です。

【1週間平均量】25個

32歳

先日とあるカフェにて「世界一の朝食」と言われるモーニングプレートを食べたのですが、そこの中にあった、ふわふわのスクランブルエッグが忘れられません。家に帰りそれに近い柔らかさにスクランブルエッグをオリジナルで作りよく食べています。

【1週間平均量】10?15個

36歳

卵の食べ方NO.1は卵サンドです。ゆで卵を潰してマヨネーズで和えるタイプも、卵焼きをして挟むタイプも大好きです。卵焼きにするときは、パンに塗るのはからしマヨネーズにします。卵とマヨネーズ、たまご×たまごの組み合わせが幸せ感をアップさせます。

【1週間平均量】18個

33歳

おすすめの食べ方と言えば、煮卵です。そのまま食べてももちろん美味しい、作っておけば料理に添える形でも使えます。例えばラーメンは定番、後は煮物に後から入れても卵に味が染みているので、美味しく食べる事が出来ます。とろけるくらいの黄身にするには、6分30秒でゆで卵を作る事がポイント。出来た卵を醤油、みりん、調理酒、めんつゆで作ったタレの中に漬け込みます。袋に入れて空気を抜くようにして漬け込むとベストですが、タッパーなどでも大丈夫です。そして10時間以上漬け込めば完成。漬け込んでいる間は放置なので、手間もかからずおすすめです。

【1週間平均量】20個

40代

弁当に入れる玉子焼きが一番好きです。夕食や朝食の余り物を真ん中に入れて巻いたり、スライスチーズやのりを外側に巻いたりしています。一番調理が楽なのは一度にたくさん作れるゆで卵です。一度に茹でておくと、結構個数を使う玉子サラダにしたり煮卵にしたりできます。

【1週間平均量】5個

29歳

煮卵が大好きで、黄身は半熟になっているものが特に好きです。常温においておいた卵をたっぷりのお湯で6分程度湯でて、殻を剥いたら好きな味付けのタレに漬け込むだけです。私は3日ほど漬け込んだものがベストだと思っています。

【1週間平均量】10-14個

40代

今、一番好きなのはゆで卵です。気分によって茹で加減を変えたり、塩をかけたり、醤油をかけたり、シンプル故に奥が深いしバリエーションも豊富です。一度にたくさん茹でておけば、毎日食べるのも負担がないですし、サラダ、グラタン、おでん、スコッチエッグ等何にでも化けます。

【1週間平均量】28個

22歳

卵かけご飯が一番です。なぜなら他の卵料理のように火を使いません。茹でたり焼いたりしないので忙しい朝でもお腹が空いてしまった時でも手軽に食べられるのが卵かけごはんのいいところです。また卵かけご飯もこだわって作れば手の込んだ料理になります。はじめに白身とご飯を混ぜてから黄身を乗せて食べたらふわふわの卵かけご飯になったりと、一手間加えただけで表情を変える終わりがない料理だとおもいます。

【1週間平均量】25個

38歳

お肉や野菜やきのこやお豆腐などを卵でとじたものをよく自分で作って食べています。その都度材料などは変えていますが、沖縄料理の”ちゃんぷるー”のような料理です。味付けは自己流ですが、めんつゆと寿司酢でしています。ヘルシーな割に、お豆腐でかさも増すので満足感がありおいしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加